bash の脆弱性が報告されています。要アップデート

2014年9月25日
ブログ

Plesk のアップデートとは関係ありませんが、非常に重要な内容です。

2014/09/24に発表されたBash脆弱性と解決法(RedHat系) - Qiita
bashの脆弱性(CVE-2014-6271) #ShellShock の関連リンクをまとめてみた - piyolog

上記の通り、脆弱性が報告されています。

対応の仕方

SSHから、root にてログイン後、下記 yum コマンドからアップデートを行って下さい。

yum update bash
(su- が使えない場合は、 sudo yum update bash )

yumbash.png

$ env x='() { :;}; echo vulnerable' bash -c "echo this is a test"

のコマンドを実行して、

bash: warning: x: ignoring function definition attempt bash: error importing function definition for `x' this is a test

上記が表示されたら完了となります。


GMOならPleskが月額350円!
最新版のPLESKを最安で利用するなら、GMOクラウドが提供するVPSプラン+Plesk(Pro Edition以上)がおススメです。Pleskを利用できます!公式サポートだから、初心者も簡単!15日間のお試し期間もあるから安心だよ!>>  GMOクラウドの詳細はこちら
▲ ぷれつくのオススメサーバー
新着・更新情報
ブログ/お知らせ
Pleskについて
Pleskの便利な機能
Pleskを導入しよう
DNSを理解しよう
Webサイトの設定
サイトをチェックしよう
ターミナルを使おう
メールの設定をしよう
データベースを使おう

Moveble Typeの導入

便利な機能、テクニック

インフォメーション


Pletkの管理人ことすしぱくです。PAKUTASO/ぱくたそ無料写真サイトなんかを運営しています。

オススメ書籍