Webサーバー構築サイトを作った理由

2014年3月 4日
Pleskについて

こんにちは、ぷれつくの管理人すしぱくと申します。('A')ノ

当サイトは「Webサーバーはどこがいいの?」という初心者から、「数百万PVのサイトを運用したい」という中・上級者までを対象としたWebサーバー構築・運用の情報ページです。

主に時間がなくて、「あんまし難しいことを覚えなくてもサーバー運用したい」って人に喜んで使っていただけたら嬉しいです。


当サイト「ぷれつく」を作った理由

僕は月間200万PVのフリー写真素材サイト「ぱくたそ」の管理人をしています。



個人で運用している為、何かトラブルが発生したら自分で解決しなくてはなりません。実はこれが結構大変です。身近に聞ける人がいればいいけれど、聞ける人がいないとコスト面はもちろん、精神面でもよろしくありません。

「サーバー運用は大事だけど難しいし、管理がめんどくさい・・・何とかならないかな・・」

いつまでもレンタルサーバーでは限界があります。だから、カスタマイズできるVPSサーバーを使いたいと悩みます・・・。(どのようにカスタマイズできるかは後述します)管理者の負担は少なく、コストも抑えたい、他の業務に追われながらサーバーの設定ができるのか、日本語は対応しているのか、など考えるときりがありません。

それらを解決できる運用方法を調べていたら、Plesk(サーバー管理コントロールパネル)と出会ったわけです。


Plesk  は ぷれすく と呼称します。



FC2web や GMO が採用しているメジャーなサーバー用コントロールパネルですが、ぶっちゃけ使っているWeb屋は少ないです。「VPSの黒い画面を触れない奴はサーバー弄んな」的に、ディスられる事もあります。

なので、Plesk(日本語)の情報ソースは決して多くはありません。それなら、自分でつくってしまおうと立ち上げたのがこのサイトというわけです。もちろん、まずPleskからWebサーバーの仕組みを理解して、いずれはイチから構築できるようにするステップアップの土台としても秀逸だと思います。

サイト名の"ぷれつく"とは、"Plesk(プレスク)でWebサーバーをつくろう" の略名となっています。(某サッカーチームを作ってしまうやつをパロっております。)いかに分かりやすく、楽に運用できるかを大切にしています。

Pleskを選んだ理由

最初に断っておきますが、僕の主業務はWeb制作者でもなければ、プログラマーでもありません。黒い画面とか見ちゃうと「あぁ、無理だ・・・」っとそっと閉じてしまう残念な感じです。



だから、ほとんどコードは書けません。ちょっとした動きがあるサイトは、「jQueryベースのプラグインを使っちゃえばいいんじゃね?」とか言っちゃうレベルです。終わってます。

しかし、僕のようなWeb屋の方って意外と多いんです。

「VPSサーバー?難しそうだから無理」
「ターミナル?使ったことが無いし怖い」
「Nginx?入れてみたいけど敷居高すぎ」


学習コスト(時間的・費用的)がそれなりにかかるので、楽に使えるレタルサーバーを選んでしまいます。ヘテムルとか分かりやすいですしね。でも、「VPS!」「VPS!」っと騒がれているし、使っているWeb制作者も多いから、使ってみたいという方はぜひ次の章から、説明を読んでいってくださいね。

GMOならPleskが月額350円!
最新版のPLESKを最安で利用するなら、GMOクラウドが提供するVPSプラン+Plesk(Pro Edition以上)がおススメです。Pleskを利用できます!公式サポートだから、初心者も簡単!15日間のお試し期間もあるから安心だよ!>>  GMOクラウドの詳細はこちら
さくらのクラウドがPleskプランスタート!
アクセス数の多いサイトや、性能重視のサーバー構成にしたい人は、さくらのクラウドで使ってみましょう!2017年からPleskがオプションプランでご利用いただけます。
>>  さくらのクラウドPleskプランはこちら
>>  さくらのVPSもオススメ ※ Pleskは別途
▲ ぷれつくのオススメサーバー
新着・更新情報
ブログ/お知らせ
Pleskについて
Pleskの便利な機能
Pleskを導入しよう
DNSを理解しよう
Webサイトの設定
サイトをチェックしよう
ターミナルを使おう
メールの設定をしよう
データベースを使おう

Moveble Typeの導入

便利な機能、テクニック

インフォメーション


Pletkの管理人ことすしぱくです。PAKUTASO/ぱくたそ無料写真サイトなんかを運営しています。

オススメ書籍