SSHの鍵認証でログインできるようにしよう

2014年4月26日
ターミナルを使おう

鍵登録を行った後は、サーバー側の設定で鍵認証でログインできるように設定を行います。

 必ず authorized_key の設定が完了しているかどうか確認してください。設定が完了していない状態でroot 権限でのログインを無効にしてしまうと、サーバー側のコンソールから操作を行わなくてはなりませんのでご注意ください。

config の設定を行います。

PuTTYで rootログインしてから、sshd_config を設定します。

■  vi /etc/ssh/sshd_config

sshd_config.png

画面に表示されるテキストの中から、対象となる個所を変更していきます。
(キーボードの i を押して -- INSERT -- を可能にしてから変更しましょう。)

#PermitEmptyPasswords no ⇒ PermitEmptyPasswords no
(パスワード無しを禁止)

#RSAAuthentication yes  ⇒ RSAAuthentication yes
#PubkeyAuthentication yes  ⇒ PubkeyAuthentication yes
・#UsePAM no ⇒ UsePAM no
(認証を許可します)

#AuthorizedKeysFile .ssh/authorized_keys 
⇒ AuthorizedKeysFile .ssh/authorized_keys
( authorized_keysのディレクトリを指定)

ここまで行ったら、一度 :wq で保存してください。
反映するために sshd を再起動します。

■ /etc/init.d/sshd restart

※ CentOS7 の場合は、systemctl restart sshd.service


別ウィンドウでPutty を起動し、再度ログインできたら、もう一度configの設定を行い、下記一文を変更してください。

■  vi /etc/ssh/sshd_config

#PasswordAuthentication yes ⇒ PasswordAuthentication no
#RhostsRSAAuthentication no ⇒ RhostsRSAAuthentication no
(Rhost の接続と、パスワード認証を拒否します)

※ なぜ、2回に分けてcofig の設定を行ったかというと、cofig 設定を間違えた場合、Rhost と パスワード認証の拒否を行うと ログインすることができなくなってしまう為です。

完了したら、 :wq で保存して終了しましょう。
反映するために sshd を再起動します。

■ /etc/init.d/sshd restart

※ CentOS7 の場合は、systemctl restart sshd.service


作成したアカウントでログインを行いますが、場合によっては Disconect される場合はディレクトリのパーミッションを変更する必要があります。


GMOならPleskが月額350円!
最新版のPLESKを最安で利用するなら、GMOクラウドが提供するVPSプラン+Plesk(Pro Edition以上)がおススメです。Pleskを利用できます!公式サポートだから、初心者も簡単!15日間のお試し期間もあるから安心だよ!>>  GMOクラウドの詳細はこちら
さくらのクラウドがPleskプランスタート!
アクセス数の多いサイトや、性能重視のサーバー構成にしたい人は、さくらのクラウドで使ってみましょう!2017年からPleskがオプションプランでご利用いただけます。
>>  さくらのクラウドPleskプランはこちら
>>  さくらのVPSもオススメ ※ Pleskは別途
▲ ぷれつくのオススメサーバー
新着・更新情報
ブログ/お知らせ
Pleskについて
Pleskの便利な機能
Pleskを導入しよう
DNSを理解しよう
Webサイトの設定
サイトをチェックしよう
ターミナルを使おう
メールの設定をしよう
データベースを使おう

Moveble Typeの導入

便利な機能、テクニック

インフォメーション


Pletkの管理人ことすしぱくです。PAKUTASO/ぱくたそ無料写真サイトなんかを運営しています。

オススメ書籍