VPSのPleskがアップデートできない現象について

2015年1月19日
ブログ

こんにちは!ぷれつくの監修を担当しているNSです。

先般から、VPSのPleskがアップデートができないという現象が続き、原因等究明できたので備忘録として記事にしておきます。

yumに拡張追加したリポジトリが原因

yumが主原因でアップデートができない現象です。詳しく説明すると、nginx+PHPfpmを構築しようと、remi やrpmforgなどをリポジトリ追加した際に、enables=0の指定を忘れていた場合デフォルトで有効な設定になります。そうなると、Pleskアップデートの際に、不整合が発生し、エラー → ストップということになるそうです。

phpfpmを入れる際に、remiを入れるというPleskの公式なリリースがあるにもかかわらず、導入後は有効のままにしておくと、今度はアップデートができないという理不尽な壁にあたります。この構成で運用している方は気をつけてください。


GMOならPleskが月額350円!
最新版のPLESKを最安で利用するなら、GMOクラウドが提供するVPSプラン+Plesk(Pro Edition以上)がおススメです。Pleskを利用できます!公式サポートだから、初心者も簡単!15日間のお試し期間もあるから安心だよ!>>  GMOクラウドの詳細はこちら
▲ ぷれつくのオススメサーバー
新着・更新情報
ブログ/お知らせ
Pleskについて
Pleskの便利な機能
Pleskを導入しよう
DNSを理解しよう
Webサイトの設定
サイトをチェックしよう
ターミナルを使おう
メールの設定をしよう
データベースを使おう

Moveble Typeの導入

便利な機能、テクニック

インフォメーション


Pletkの管理人ことすしぱくです。PAKUTASO/ぱくたそ無料写真サイトなんかを運営しています。

オススメ書籍