PuTTYに秘密鍵をセットして root ログインを無効にする

2014年4月26日
ターミナルを使おう

最終的にroot ログインを無効にして、生成した秘密鍵を使ってログインできるようにします。

PuTTYにppkファイルを指定して認証を行います。

PuTTYを新規で起動して、サイドバーのオプションを設定します。



接続 > SSH  > 認証 を選択して、認証パラメータに PuTTY gen で生成した、



ppk ファイルを参照してください。



鍵認証を設定したホスト名を入力して、セッションの保存を行います。 (これをやっておくと便利です。)そして、開く押します。

login as : 

っと表示されますので、前回作成したログインユーザー名、ここでは root ではなくsusipaku と入力します。
・参考:PuTTYgenを使って公開鍵・秘密鍵をつくろう。



PuTTYgen で生成したパスワードを入力することで、ログインすることができます。

ログインしたら、このウィンドウはそのままの状態にして、別ウィンドウでPuTTYを起動します。(このまま、susipakuで行うことも可能ですが、何かの原因でログインすることが出来なくなるケースがあるかもしれないので、保険用としてウィンドウを2つ立ち上げた状態にします。)

root ログインの無効を設定します。


■ 別ウィンドウでPuTTYを起動して、ログインを行ってください。

vi /etc/ssh/sshd_config

の設定から、(キーボードの i を押して -- INSERT -- を可能にしてから変更しましょう。)

#PermitRootLogin yes  ⇒ PermitRootLogin no 
(root 権限でのログインを無効にします。)

問題なく変更が完了したら、 :wq で保存して終了しましょう。
(保存しないで終了する場合は :q )

/etc/init.d/sshd restart

※ CentOS7 の場合は、systemctl restart sshd.service


SSHの再起動を行ってください。
root でのログインが出来なくなっているか再度 PuTTYを別ウィンドウで起動してroot でのログインを試みてください。



が表示されたら設定は完了です。

root権限にする場合、su - を使おう。

作成したユーザー権限の状態で、sshdの再起動を行うと、下記のように Permission denied と表示されてしまいます。



要するに「権限がないので再起動することができませんでした」という事ですので、

su -

っと記述して、root で使ったパスワードを入力してください。

[ root ~ ] となりますので、root 権限の作業を行うことができます。


GMOならPleskが月額350円!
最新版のPLESKを最安で利用するなら、GMOクラウドが提供するVPSプラン+Plesk(Pro Edition以上)がおススメです。Pleskを利用できます!公式サポートだから、初心者も簡単!15日間のお試し期間もあるから安心だよ!>>  GMOクラウドの詳細はこちら
さくらのクラウドがPleskプランスタート!
アクセス数の多いサイトや、性能重視のサーバー構成にしたい人は、さくらのクラウドで使ってみましょう!2017年からPleskがオプションプランでご利用いただけます。
>>  さくらのクラウドPleskプランはこちら
>>  さくらのVPSもオススメ ※ Pleskは別途
▲ ぷれつくのオススメサーバー
ブログ/お知らせ
Pleskについて
Pleskの便利な機能
Pleskを導入しよう
DNSを理解しよう
Webサイトの設定
サイトをチェックしよう
ターミナルを使おう
メールの設定をしよう
データベースを使おう

Moveble Typeの導入

便利な機能、テクニック

インフォメーション


Pletkの管理人ことすしぱくです。PAKUTASO/ぱくたそ無料写真サイトなんかを運営しています。

オススメ書籍