独自ドメインのネームサーバーについて

2014年4月26日
DNSを理解しよう

独自ドメインのネームサーバーを作り(以後、ホストする)、VPSサーバーのIPアドレスを指定する 流れはこうです。



今回紹介するネームサーバーのホスト方法は2種類あります。

・GMOでドメインを取得・管理している場合
・他社ドメイン管理会社で取得・管理している場合


上記方法になります。

既にGMOでドメインを取得・管理している場合

GMOでドメインを管理している場合は、アカウントマネージャーの各種手続きの項目から、ホスト登録・DNSサーバー変更申込みが行ってください。

ここでは、独自ドメインのネームサーバーを設定するのことができます。

例えば hogehoge.com をGMOで管理している場合、

ns.hogehoge.com 
ns1.hogehoge.com

のようなマスター・スレーブを設定することができます。
参考:レンタルサーバーならGMOクラウド [GMOクラウド] - ドメイン名の管理<DNS>

※ マスター・スレーブの関係の特徴は、スレーブDNSサーバーは、自前でレコードを作らず、マスターDNSから、レコードをコピーしてくる。人が管理するのはマスターサーバーのみ。マスターサーバーがダウンし続けた場合、必然的にスレーブもレコードが取得できなくなり、連鎖的にダウン状態となる。

他社でドメインを管理している場合

他社のドメイン管理会社(バリュードメインなど)の場合、ネームサーバーを下記のように行えます。
・独自ドメインのネームサーバーをホストする方法。
独自ドメインのネームサーバーを作り、それをサーバーに設定する方法です。1サーバーで複数のドメインを管理する場合、Plesk上のレコード設定で一括指定出来る為、こちらが推奨です。
※ ここではバリュードメインを利用した設定方法を紹介します。


・GMOクラウドVPSが発行するネームサーバーを利用する方法、
GMOクラウドVPS側が発行するネームサーバー(ns.namedserver.net)を利用して、設定する方法です。初めてGMOクラウドVPSを借りた時に、苦戦しまくった特殊な方法です。一応メモとして書いておきますが推奨はしません。

やり方:GMOクラウドVPSのネームサーバー(ns.namedserver.net)を利用する方法|Plesk入門・運用情報サイト


GMOならPleskが月額350円!
最新版のPLESKを最安で利用するなら、GMOクラウドが提供するVPSプラン+Plesk(Pro Edition以上)がおススメです。Pleskを利用できます!公式サポートだから、初心者も簡単!15日間のお試し期間もあるから安心だよ!>>  GMOクラウドの詳細はこちら
さくらのクラウドがPleskプランスタート!
アクセス数の多いサイトや、性能重視のサーバー構成にしたい人は、さくらのクラウドで使ってみましょう!2017年からPleskがオプションプランでご利用いただけます。
>>  さくらのクラウドPleskプランはこちら
>>  さくらのVPSもオススメ ※ Pleskは別途
▲ ぷれつくのオススメサーバー
ブログ/お知らせ
Pleskについて
Pleskの便利な機能
Pleskを導入しよう
DNSを理解しよう
Webサイトの設定
サイトをチェックしよう
ターミナルを使おう
メールの設定をしよう
データベースを使おう

Moveble Typeの導入

便利な機能、テクニック

インフォメーション


Pletkの管理人ことすしぱくです。PAKUTASO/ぱくたそ無料写真サイトなんかを運営しています。

オススメ書籍