Nginx用 PHP-FPMの設定

2014年4月27日
Webサイトの設定

Pleskではnginx が標準サポートです
。高速処理が可能なNginxで、PHPファイルを処理する(Apacheを返さない)利用が可能です。

PHP-FPMを利用しよう

Pleskのバージョン(11.5.30)以降では、コンポーネントを追加から、



Plesk hosteing features の中にある、Nginx reverse proxy support を選び



その中にある、php-fpm support for nginx にチェックをいれてインストールを行います。



完了すると、サービス管理の一覧に、nginx用のPHP-FPMサポートというのが表示されます。一度、再構築を行っておきましょう。



PHP-FPMの設定はドメインごとに行うことが可能で、ホスティングの設定から

PHP を nginx で処理
PHP ファイル(.php)は nginx と PHP-FPM で処理されます。オフにすると、PHP ファイルは Apache で処理されます。

ここにチェックを入れることで、PHP-FPMを利用することができます。

phpのバージョンや環境を確認しよう。

phpinfo.php ファイルを作成して、中に

<?
phpinfo();
?>


上記を記述してください。FTPでアップロードして



このような画面が表示されます。


GMOならPleskが月額350円!
最新版のPLESKを最安で利用するなら、GMOクラウドが提供するVPSプラン+Plesk(Pro Edition以上)がおススメです。Pleskを利用できます!公式サポートだから、初心者も簡単!15日間のお試し期間もあるから安心だよ!>>  GMOクラウドの詳細はこちら
さくらのクラウドがPleskプランスタート!
アクセス数の多いサイトや、性能重視のサーバー構成にしたい人は、さくらのクラウドで使ってみましょう!2017年からPleskがオプションプランでご利用いただけます。
>>  さくらのクラウドPleskプランはこちら
>>  さくらのVPSもオススメ ※ Pleskは別途
▲ ぷれつくのオススメサーバー
ブログ/お知らせ
Pleskについて
Pleskの便利な機能
Pleskを導入しよう
DNSを理解しよう
Webサイトの設定
サイトをチェックしよう
ターミナルを使おう
メールの設定をしよう
データベースを使おう

Moveble Typeの導入

便利な機能、テクニック

インフォメーション


Pletkの管理人ことすしぱくです。PAKUTASO/ぱくたそ無料写真サイトなんかを運営しています。

オススメ書籍