電気通信事業の届け出

2014年4月24日
メールの設定

Pleskはマルチドメイン対応で、顧客のアカウントを発行すれば再販も行える仕様です。

自分のみ使用するのであれば問題ありませんが、再販や顧客のドメインをホスティングする場合は、電気通信事業の届け出が必要となります。Pleskを利用してそのような運用を行う場合は是非ご確認ください。

電気通信事業について

UNIさんの記事によると、


サーバの再販は電気通信事業の届出は必要だけど、サーバ容量の一部を貸す分には届出は不要 - WEBデザイナーのunificなブログ

顧客の電子メールアドレスを管理すると他人の通信を媒介するとして、電気通信事業の届け出が必要と書かれています。 (ちなみに総務省に電話で確認したところ、ホスティングだけでも届け出は必要とのことでした。)

このような利用をする場合は、事前に総務省へ届け出を行う必要があります。

手続きは非常に簡単です。

電気通信事業の届け出に必要な書類は、総務省のホームページからダウンロードします。

www.soumu.go.jp/iicp/chousakenkyu/data/research/icp_review/03/tanaka-ky2011.pdf


・業務区域、概要、提供開始予定年月日
・ネットワーク構成図
・提供する電気通信役務
・法人の場合は登記簿謄本(写しは不可)/個人の場合は住民票

上記を記入し、提出することで電気通信事業者として登録されます。

よく勘違いするケースとして、

・高額な収入印紙がかかる
・登録するのに特殊な資格所有が必要


当方も会社の代表として個人で届け出を行いました。



書類には記入例も書かれております。また、分からないところは総務省の担当窓口の方が親切に教えてくれますので安心してください。


GMOならPleskが月額350円!
最新版のPLESKを最安で利用するなら、GMOクラウドが提供するVPSプラン+Plesk(Pro Edition以上)がおススメです。Pleskを利用できます!公式サポートだから、初心者も簡単!15日間のお試し期間もあるから安心だよ!>>  GMOクラウドの詳細はこちら
さくらのクラウドがPleskプランスタート!
アクセス数の多いサイトや、性能重視のサーバー構成にしたい人は、さくらのクラウドで使ってみましょう!2017年からPleskがオプションプランでご利用いただけます。
>>  さくらのクラウドPleskプランはこちら
>>  さくらのVPSもオススメ ※ Pleskは別途
▲ ぷれつくのオススメサーバー
ブログ/お知らせ
Pleskについて
Pleskの便利な機能
Pleskを導入しよう
DNSを理解しよう
Webサイトの設定
サイトをチェックしよう
ターミナルを使おう
メールの設定をしよう
データベースを使おう

Moveble Typeの導入

便利な機能、テクニック

インフォメーション


Pletkの管理人ことすしぱくです。PAKUTASO/ぱくたそ無料写真サイトなんかを運営しています。

オススメ書籍