Nginxのエラーページやリライト設定

2014年6月 7日
Webサイトの設定

Nginxを設定していると、.htaccess や Apacheでエラーページ(404)やリダイレクトをすることができません。

サイトの移転に伴い、ページが存在しない場合、独自の404エラーページを表示させてたり、サイトのトップを自動的に表示させたりします。ディレクトリ階層をサブドメインにする変更する事もできます。

エラーページを設定しよう

ドメインごとのNginx追加ディレクティブを開きましょう。


対策したいエラーコードに指定したURLを入力します。

error_page 404 http://www.pakutaso.com/;
error_page 403 http://www.pakutaso.com/;

上記のように入力して、Nginxの再起動を行うことで、404ページが表示されると、ぱくたそのホームページが開きます。下記のように

error_page 404 http://www.pakutaso.com/404.html;

事前に404ページを作っておくのも手段ですね。

トップを自動的に表示させたり、ディレクトリ階層をサブドメインにする変更する事ができます。

エラーページを設定しよう

サイトの移転などで、このような変更があったとします。

[旧] http://www.pakutaso.com/aiueo/
 ↓
[新] http://aiueo.susi-paku.com/

旧ページだと階層、新ページだとサブドメインになっています。設定する場合、Nginx追加ディレクティブに入力します。



location ^~ /aiueo/ {
rewrite ^(.*)$ http://aiueo.susi-paku.com/;
}

rewrite をつかえばこんなに簡単です。複数ページを指定したければ追加するだけで完了。必ず設定した後はNginxの再起動を行ってくださいね。


GMOならPleskが月額350円!
最新版のPLESKを最安で利用するなら、GMOクラウドが提供するVPSプラン+Plesk(Pro Edition以上)がおススメです。Pleskを利用できます!公式サポートだから、初心者も簡単!15日間のお試し期間もあるから安心だよ!>>  GMOクラウドの詳細はこちら
さくらのクラウドがPleskプランスタート!
アクセス数の多いサイトや、性能重視のサーバー構成にしたい人は、さくらのクラウドで使ってみましょう!2017年からPleskがオプションプランでご利用いただけます。
>>  さくらのクラウドPleskプランはこちら
>>  さくらのVPSもオススメ ※ Pleskは別途
▲ ぷれつくのオススメサーバー
ブログ/お知らせ
Pleskについて
Pleskの便利な機能
Pleskを導入しよう
DNSを理解しよう
Webサイトの設定
サイトをチェックしよう
ターミナルを使おう
メールの設定をしよう
データベースを使おう

Moveble Typeの導入

便利な機能、テクニック

インフォメーション


Pletkの管理人ことすしぱくです。PAKUTASO/ぱくたそ無料写真サイトなんかを運営しています。

オススメ書籍