SOAレコードでDNSの反映時間を調整

2014年4月26日
DNSを理解しよう

ドメイン管理側のコントロールパネルでネームサーバーの変更を行うとドメインの反映時間に2.3日要するというケースは往々にしてあります。

PleskのDNS設定では、SOAレコードから反映時間を調整することができます。

TTL設定を調整しよう。

DNSの設定画面から ツール > SOAレコードを選択します。





デフォルト設定の場合、TTLの設定は1日となっています。

一度設定してしまった後に、再度修正を加えようとしてもキャッシュされてしまい、なかなかWebサイトが表示されない場合があります。ドメイン管理会社側(バリュードメインなど)のTTL設定に合わせて、少ない時間を設定しておくことをおすすめします。

※ TTLが短い=キャッシュ間隔が短いというわけで、DNSサーバーがダウンした場合、10分しか猶予がないともいえる。

【参考サイト】 DNSのTTL設定とは?(後編) - 風見鶏の目


GMOならPleskが月額350円!
最新版のPLESKを最安で利用するなら、GMOクラウドが提供するVPSプラン+Plesk(Pro Edition以上)がおススメです。Pleskを利用できます!公式サポートだから、初心者も簡単!15日間のお試し期間もあるから安心だよ!>>  GMOクラウドの詳細はこちら
さくらのクラウドがPleskプランスタート!
アクセス数の多いサイトや、性能重視のサーバー構成にしたい人は、さくらのクラウドで使ってみましょう!2017年からPleskがオプションプランでご利用いただけます。
>>  さくらのクラウドPleskプランはこちら
>>  さくらのVPSもオススメ ※ Pleskは別途
▲ ぷれつくのオススメサーバー
ブログ/お知らせ
Pleskについて
Pleskの便利な機能
Pleskを導入しよう
DNSを理解しよう
Webサイトの設定
サイトをチェックしよう
ターミナルを使おう
メールの設定をしよう
データベースを使おう

Moveble Typeの導入

便利な機能、テクニック

インフォメーション


Pletkの管理人ことすしぱくです。PAKUTASO/ぱくたそ無料写真サイトなんかを運営しています。

オススメ書籍