Nginxの追加ディレクティブを使って conf の設定をしよう

2014年4月27日
Webサイトの設定

通常のNginxの conf 設定を行うには、SSHにてドメインごと行わなくてはなりません。
Plesk(ver11~)では、コントロールパネル上から記述することができるようになりました。

ここでは、追加ディレクティブと呼ばれるconf の記述方法と、記述する内容について簡単に説明します。

追加ディレクティブを使おう

Plesk には追加ディレクティブと呼ばれる conf を記述する箇所があります。

ドメインごとのウェブサーバ設定を選択



Nginx 追加ディレクティブ



このフィールドに記述することができます。

expires 30d;

gzip on;

gzip_http_version 1.0;

gzip_types text/plain

text/xml

text/css

application/xml

application/xhtml+xml

application/rss+xml

application/atom_xml

application/javascript

application/x-javascript

application/x-httpd-php;

gzip_disable "MSIE [1-6]\.";

gzip_disable "Mozilla/4";

gzip_comp_level 1;

gzip_proxied any;

gzip_vary on;

gzip_buffers 4 8k;

gzip_min_length 1100;

ssi on;

ssi_types text/x-server-parsed-html;
keepalive_timeout 2;


このように、gzip や expires の記述を行います。
参考:nginx設定メモ - おおにしあきらの日記
参考:Nginx でgzipを使うには | レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント

記述が完了したら、サービスの管理からNginx を再起動しましょう。

SSHで nginx.conf に記述する方法

追加ディレクティブには記述することができない、worker_processes などは、SSHから記述する必要があります。

■ vi /etc/nginx/nginx.conf

conf ファイルを開いて記述を行います。
 

worker_processes 4;

worker_cpu_affinity 0001 0010 0100 1000;

(サーバーが3コアの場合)
worker_processes 3;

worker_cpu_affinity 001 010 100;

その他のnginx のコマンドは、下記の通りです。

停止
$ sudo /etc/init.d/nginx stop
開始
$ sudo /etc/init.d/nginx start
再起動
$ sudo /etc/init.d/nginx restart
再読み込み
$ sudo /etc/init.d/nginx reload
ステータス表示
$ sudo /etc/init.d/nginx status



追記しました----
PleskのNginxで静的ファイルがexpiresされない現象を改善|Plesk入門・サーバー運用サイトぷれつく


GMOならPleskが月額350円!
最新版のPLESKを最安で利用するなら、GMOクラウドが提供するVPSプラン+Plesk(Pro Edition以上)がおススメです。Pleskを利用できます!公式サポートだから、初心者も簡単!15日間のお試し期間もあるから安心だよ!>>  GMOクラウドの詳細はこちら
さくらのクラウドがPleskプランスタート!
アクセス数の多いサイトや、性能重視のサーバー構成にしたい人は、さくらのクラウドで使ってみましょう!2017年からPleskがオプションプランでご利用いただけます。
>>  さくらのクラウドPleskプランはこちら
>>  さくらのVPSもオススメ ※ Pleskは別途
▲ ぷれつくのオススメサーバー
ブログ/お知らせ
Pleskについて
Pleskの便利な機能
Pleskを導入しよう
DNSを理解しよう
Webサイトの設定
サイトをチェックしよう
ターミナルを使おう
メールの設定をしよう
データベースを使おう

Moveble Typeの導入

便利な機能、テクニック

インフォメーション


Pletkの管理人ことすしぱくです。PAKUTASO/ぱくたそ無料写真サイトなんかを運営しています。

オススメ書籍