Pleskが使えるオススメサーバー

2014年4月18日
Pleskについて

Pleskを利用するには、

・既にサーバー側でインストールされているホスティング会社と契約する方法。
・自身でPleskと契約し、サーバーにインストールする方法。

上記、いずれかの方法で契約する必要があります。(ぷれつくでは上記どちらも説明いたします)ちなみに前項でも書いたようにレンタルサーバーには基本導入することができませんので、VPS/専用サーバーが必要となります。

簡単でおススメ!Plesk導入済みホスティング会社を選ぶ。

既にPleskがインストールされているホスティング会社を選ぶと、煩わしい契約やインストール作業をしなくてもすぐに利用することが可能です。

流れとしてはこのような形です。


ホスティング会社が提供するプラン(容量などの仕様)を選んだあとに、コントロールパネルとしてPleskを選択することができます。

ぷれつくでおススメしているサーバーは、GMOクラウドVPSです。
GMOクラウドVPS
 

10ドメインまでなら、350円(2015.4現在)と国内最安(Plesk単体で契約すると2,000円以上かかります)、サーバー費用も1008円(HDD100GB/メモリ2GB)とパフォーマンスもよいです。まずはPleskをいじりながら、VPSに慣れてみようと考えている方には丁度いいプランだと思います。もちろん、本番環境での利用も問題ありません。

ちなみに、アダルトサイトの運用も可能です。


よくあるご質問|GMOクラウドのVPS

さくらのクラウドを契約する場合、

2017年5月からさくらのクラウドでPleskが使えるようになりました。

 さくらのクラウドでPleskプランが登場!Plesk Onyx Web Pro Edition 月額2,052円|Plesk入門・サーバー運用サイトぷれつく

月額費用は、2,052円とGMOに比べると割高ですが、SSDが使えたりトラフィックに応じてスケールアップができるなど、クラウドだからこその機能は大型サイトの運営では必須です。


GMOならPleskが月額350円!
最新版のPLESKを最安で利用するなら、GMOクラウドが提供するVPSプラン+Plesk(Pro Edition以上)がおススメです。Pleskを利用できます!公式サポートだから、初心者も簡単!15日間のお試し期間もあるから安心だよ!>>  GMOクラウドの詳細はこちら
さくらのクラウドがPleskプランスタート!
アクセス数の多いサイトや、性能重視のサーバー構成にしたい人は、さくらのクラウドで使ってみましょう!2017年からPleskがオプションプランでご利用いただけます。
>>  さくらのクラウドPleskプランはこちら
>>  さくらのVPSもオススメ ※ Pleskは別途
▲ ぷれつくのオススメサーバー
ブログ/お知らせ
Pleskについて
Pleskの便利な機能
Pleskを導入しよう
DNSを理解しよう
Webサイトの設定
サイトをチェックしよう
ターミナルを使おう
メールの設定をしよう
データベースを使おう

Moveble Typeの導入

便利な機能、テクニック

インフォメーション


Pletkの管理人ことすしぱくです。PAKUTASO/ぱくたそ無料写真サイトなんかを運営しています。

オススメ書籍